\newcommandを乱用するな、\DeclareMathOperatorを使え(LaTeXでの演算子の定義)

LaTeXで数式を書くときにもともと定義されていない記号を使いたくなるときがあります.そういうとき,大抵の参考書には\newcommandが紹介されているので,数式でもこちらを使いたくなります.しかし,数式で新しい記号を書きたいとき,それが演算子のときは\DeclareMathOperatorを使うほうがより適切であることもあります.

続きを読む

物理学科のための量子力学オススメ教科書10選

量子力学は良く分からない学問です.

波動関数の解釈等はありますがそれも所詮定説ですし,自分の常識を曲げてなんだか良く分からないけど,そもそもこういうものという状態になって初めて量子物理の入り口に入るのだと思っています.

今回は私が今まで読んできた教科書を「最初からこの順番で読んでいればもっと捗ったのに……」という順番で紹介していきたいと思います.

続きを読む

【自動】はてなブログで数式に番号をつけて参照する

はてな記法を用いるとMathJaxを利用してLaTeXの文法で数式を記述できることを前回記事の
rwilyp.hatenablog.com
で紹介しました.

この方法ですと,自分で式番号を打ち込むので,例えば式(1)と式(2)の間に式を入れたときにその後の式番号を全て書きなおさなければならないので面倒ですし,なんだか美しくないような気がします.

そこで今回はLaTeXのように自動で式番号を振ってもらう方法を紹介します.

続きを読む

【手動】はてなブログで数式に番号を付けて参照する方法

タイトルの通りで,はてなブログで数式を書く際に別行立てにして,かつ式番号を付けて参照する方法です.はてな記法で編集していることが前提となります.

続きを読む

Macでドキュメント生成ツール-Sphinx-を使う (2)

Sphinxで構造化されたドキュメントを作ってHTMLで出力しよう

前回

rwilyp.hatenablog.com

MacSphinxを導入できたので今回は本格的にドキュメントを作ってみます.

続きを読む

Macでドキュメント生成ツール-Sphinx-を使う (1)

Macで美しいドキュメントを生成するPythonツールであるSphinxを導入する手順について解説します.ここでは

を利用した導入方法を紹介します.Homebrewは使っていないので分かりません……

続きを読む

本格的な数式を含むWebページを作る方法を探してからSphinxを選ぶまで

SphinxPython製の

美しいドキュメントを簡単に生成することができるドキュメンテーションツール

引用元:http://sphinx-users.jp/

です.

美しいドキュメントを生成するツールとしてはLaTeXがありますが,LaTeXの基本機能ではPDF(とDVI)の出力しかできません.Sphinxで書かれたWebページの例としては上で紹介した引用元のhttp://sphinx-users.jp/を挙げておきます.

続きを読む